まだまだ大事に!思い出のかばん

カバン修理の情報はこのサイトをチェック

このサイトでは、かばんが壊れた際の修理について紹介していきます。
壊れるといっても色々な状態がありますが、持ち手が破損することはよくあることです。
更に、色あせのリカラーや破れなども直すのが必要になります。
こうした補修を依頼できる、激安店の特徴やブランド品はどこに依頼すればよいのかについても触れていく予定です。
お気に入りで頻繁に使っていると壊れやすくなるこうした製品の、メンテナンス方法のことも紹介します。

かばんの持ち手が壊れたら修理店へ

かばんの持ち手が壊れたら修理店へ かばんの持ち手が壊れてしまったものの、修理は自分でできないのでそのままになっている人は多いかもしれません。
ブランド品になると料金が高そうなイメージがありますし、逆に安いものなら使い捨てにしてしまう人もいます。
ですがカバンは修理をすれば長く使うことができますし、メンテナンス次第で気に入ったかばんをずっと使うことも可能です。
持ち手は特に壊れやすい部分ですし、重たい荷物をたくさん入れることによってステッチが外れてしまうこともあります。
街の修理店に依頼するのも良いですし、ブランドバッグの場合にはそのブランドに依頼をするのが最も綺麗に治る方法です。
気に入っているかばんこそ、大切にお手入れをするのがおすすめです。

かばんのファスナー修理を頼む場合の方法について

かばんのファスナー修理を頼む場合の方法について お気に入りのかばんのファスナーが壊れてしまって、どうしようか困っている人も多いと思います。
まだ使いたいと思っているなら、ファスナーを修理する必要があります。
一番一般的なのは、専門のお店に持っていく事です。
スペアキーを作ってくれるチェーン店は、かばんや靴の修理も受け付けてくれる所が多いです。
量販店や駅ビルなどにお店を出している所が多いので、ホームページで料金や他に知りたい情報を確認して納得できる所を選んで依頼するといいです。
他には自分で修理する事が出来る人なら、インターネット通販などで必要な材料を購入して直してしまうやり方もあります。
これなら材料費だけで済むので、お金があまりかかりません。
三つ目はやはりインターネットの普及で、自宅からお店に送って直してもらったら配送してもらうというやり方もあります。
これはお店までいく時間がない人や、自分で直す事ができない人には非常に助かるでしょう。
大手の通販サイトなどでは物を売るだけではなくて、このようなサービスを売るという事も普通に行っています。
物を買うのと同じような感覚でサービスを簡単に利用出来るので、評価の高い店を選んで依頼すれば満足出来る仕上がりになります。

最適なかばん修理サービスを利用するための相談が可能です

大切なかばんを修理したいものの、どのような方法やサービスを選択するべきか迷っているかたも多いのではないでしょうか。かばんのサービスを提供している会社はいくつかあり、使用している素材やデザインなどそれぞれ異なることから、依頼するかばんに最適なサービスを選択するには素人ではむずかしく時間がかかり大変です。
事前にサービス内容の把握や確認することなく依頼すると、理想の仕上がりとは異なり再度別のお店に依頼するなど費用がかさむばかりです。そんなときに便利なのがかばん修理専門店で多くのお店がホームページ内でサービス内容など様々な情報提供をしており、サービス利用前に内容の把握や料金の確認などが可能です。専門店では利用前の相談サービスなども提供しており、電話の他にもSNSや実際の依頼商品を発送する見積りサービスなど無料で利用できるお店もあります。このような専門店は依頼前の相談など仕上がりが満足できる、最適なサービスを利用するための必須のお店ではないでしょうか。

かばん修理で多いファスナーや持ち手について

かばんの修理の内容には、「持ち手・ショルダーの製作」や「破れ補修」や「色補修」、「マグネットホック取り替え」や「パイピング補修」や「内袋」や「金具」などがあります。「ファスナー」は修理の多い箇所のひとつで、故障の原因も色々あります。スライダーを交換するだけなら料金は2,000円程度です。全体を取り替える場合は手間がかかるので高くなり、20cmのもので7,000円~です。長さに応じて料金も高くなり、40cm以上なら10,000円を超えます。
破れたり切れたりしたファスナー、壊れたスライダーも新しいカラーに替えることでイメージチェンを楽しむことが出来ます。カラーバリエーションが豊富な部品なのでおすすめです。同じくよく壊れるかばんの箇所として「持ち手」がありますが、サラリーマンが日々手にしているブリーフケースの持ち手が切れた場合の取り替え料金は6000円~です。持ち手と一緒に手カンも交換した場合は10,000円~となります。

かばん修理のサービスの特徴には多くあります

かばん修理のサービスの特徴としてまず挙げられるのが、迅速かつ的確な対応です。それに携わっているスタッフはこれまでに数多くの依頼を請け負ってきた実績の持ち主です。したがって、的確にかつスピーディーに行うことが出来ます。また、常に顧客の立場に立った活動を展開しているという点も大きな特徴です。
スタッフはアンテナを張っており、顧客が何を求めているのかをいち早く察知することに努めています。このため、常に上質なサービスを提供することが可能となっています。
そしてなんといっても大きな特徴が親切・丁寧な接客です。親切・丁寧な接客はどの業界においても基本中の基本といえますが、かばん修理に携わっているスタッフはしっかりと教育されていますので、上質な接客対応となっています。こうしたことから、初心者でも安心して利用することが出来ます。このように様々な特徴があるため、これまで非常に多くの人が利用しており、人気となっています。

かばんの修理内容の説明と職人の技術に注目する

お気に入りのかばんを長く使い続ける中で、だんだんといたみが出てきて、ついに使えない状態となってしまうことがあります。しかし、丈夫な革で作られたかばんなど、修理をすれば元に戻る場合もあるため、職人に相談をして修理してもらうことをおすすめします。壊れてしまったところを伝えて直してもらうことができるだけではなく、使う中で不満に感じることを伝えて、作業内容を説明してもらい、作業に取り掛かってもらえます。
かばんをテーブルの上に置いたときに、立った状態を維持できるように中に薄い板を入れていくなど、職人ならいろんな工夫ができます。人気のお店の中には、予約でいっぱいになることもあるため、早めに申し込んでかばんをあずけておき、作業に取り掛かってもらえるまで待つことができる点にも注目です。予約を済ませておくことにより、作業完了後にお気に入りのものを再び使えるようになるので、完成したものとの再会を楽しみに待つことができます。

壊れやすいかばんの素材と自分で修理する方法

お気に入りのかばんが壊れてしまった場合、状態によっては自分で修理することが可能なケースもあります。かばんの中でも特に壊れやすいのが持ち手の部分です。持ち手の部分の素材は一般的に、本革または合皮でできています。
合皮は革に似せて作られたもので、ナイロンやポリエステルなどの化学繊維の生地にポリウレタンなどの樹脂でコーティングしています。ポリウレタンは劣化が早く、結果的に壊れやすくなっているのです。
かばんと持ち手の間が金具で繋がれているものであれば、自分で修理することが可能です。古い持ち手を新しいものに取り替えることで簡単に直せます。縫い付けているタイプは自分で直すことは難しいため、お店に持ち込んだ方が綺麗に直してもらえます。また、持ち手カバーを取り付けるという方法も簡単です。ホックボタン式のカバーであれば簡単に取り外しができて、劣化した部分を隠せます。様々なカラーのものがあるため、気分によって色を変えるという使い方もできます。

カバン修理に関するお役立ち情報

カバン 修理

Copyright (C) 2021 まだまだ大事に!思い出のかばん. All Rights Reserved.